大宮駅の周辺

大宮駅の周辺には、駅ビルのほか、大型商業施設が多くあります。まず駅ビルではルミネが2つ建っています。ルミネ1は、1967年開業と歴史が古く、かつては大宮ステーションビルやPiNoといった名前で呼ばれていたこともあります。現在の東口に建っています。いっぽう西口にはルミネ2があります。こちらは1982年開業となっており、当初はWeという名前でした。そして、ニューシャトル乗り場の連絡路にはルミネアネックスという施設もあります。

 

駅周辺は、大型商業施設とオフィスビルによって大規模な開発が行われました。県庁や市役所のある浦和駅よりも商業都市となっています。東口が先に開発されたこともあり、繁華街としてのにぎわいを見せています。駅前の大型店以外にも、小規模店舗がつづく商店街や通りがあります。老舗店が多いことも特徴としてあげることができるでしょう。新しい開発が行われるというよりも、新しい店舗が入れ替わりで入ることで新陳代謝が行われていると言えます。

 

そして西口は、新幹線の駅の開業とともに再開発が行われた地区になります。そのため、新しい大型商業施設やビルが立ち並ぶエリアとなっています。西口にあるペデストリアンデッキを使えば、駅から地上に降りることなく、周辺の商業施設やビルに行くことができるようになっています。ペデ上は待ち合わせ場所やストリートミュージシャンの演奏場所にもなっています。東口周辺が氷川神社の門前町であったのに対して、西口周辺には住宅地が広がっています。


公認会計士

公認会計士に関する様々な基礎知識をご案内しています。
www.kouninnkaikeishi.info/